ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

決勝トーナメントという雰囲気

決勝トーナメント2日目はイングランド対エクアドルの試合を見に行きました。会場はシュトゥットガルト。ニュースによると前日にイングランドとドイツサポーターによる暴動が起きたとのこと。「大丈夫かなぁ?」と身構えながらもシュトゥットガルトに着いてみると騒いでいるサポーターがいるどころか、みんな静かな様子でちょっと拍子抜けでした。どうやら通常より厳しい警備体制を敷いていたおかげだそうです。

スタジアムに到着してみると、前日の試合と同じくサポーターのほとんどがイングランドサポーターなんです。ドイツと同じヨーロッパの国だからでしょうか、それともみんなサッカーに対してとても熱いからなのでしょうか…。うわさによると、前日から6万人のイングランドサポーターがシュトゥットガルトに来ていたそうですよ。

b0101854_101641100.jpg


エクアドルサポーターもがんばって応援しています!


ドイツのサポーターもかなり多くこの試合を見に来ていました。面白いことに、ドイツのサポーターはどの試合を見に行こうとも(たとえドイツに関係のない試合でも)ドイツの国旗を持って応援をしているんです。今回の試合では、エクアドルのサポーターが圧倒的に少なかったのでエクアドルの応援を支援するかのように時々「ドイツランド!ドイツランド!」というドイツサポーターの声がスタンドから聞こえてきました。


試合は両者なかなか点を入れられずに、時間だけが刻々と過ぎていきました。そんな中でベッカムのフリーキックによるイングランドの得点!のどから手が出るほど欲しかった得点にイングランドサポーターは待ってました!とばかりに大喜びでしたよ。

b0101854_10242849.jpg


イングランドではベッカムとルーニーがかなり人気のようです。サポーター達から「Go, Becks!」(Becksというのはベッカムの愛称)と呼ばれたり、何かあれば「ルーニー、ルーニー!」と言われたり…。期待の高さが伺えます。

b0101854_10202078.jpg

ハーフタイム中に一人のイングランドサポーターに声をかけられました。写真を撮らせて欲しいということだったので、一緒に写真を撮りました。彼に話を聞いてみると、いろんな国の人と写真をたくさんとりたいんだ!という返事が。私も同じようなことをやっているんですよ!今回の試合の他に、数試合を観戦してからイングランドに戻るそうです。



試合の結果は、先ほどのベッカムが決めた点が決勝点となり、1-0でイングランドの勝利。次はポルトガルとの対戦となります。


b0101854_1022363.jpg


決勝トーナメントを2日見てきて、選手はもちろんのことサポーターの雰囲気がかなり変わったような印象を受けました。グループリーグの時は誰もが対戦相手の国のサポーターと出会うことを楽しんでいて、まさにお祭り気分でしたが、決勝トーナメントに進んでからはそういった気分はだいぶ薄れて、サポーターからも「絶対にこの試合に勝つぞ!」といった意気込みをすごく感じました。これから先、選手・サポーター共に熱い戦いが続いていくことでしょう。


[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-26 10:34 | シュトゥットガルト | Comments(0)
<< 歓声というBGM 開催国だからこそ… >>
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム