ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ケルン( 4 )

ケルン観光 タウン編

さて、今回はケルンの街の様子をお届けします。ケルン中央駅に着くとまず目を引くのが中央駅の天井です。まるでイタリアのシスティーナ礼拝堂のようですね!

b0101854_8222293.jpg



b0101854_8224754.jpg


前回紹介したケルン大聖堂の周りには広場があって、たくさんの大道芸人がそれぞれの芸を披露して歩く人々を楽しませています。



広場の石畳にチョークで絵を描いています。
b0101854_8231890.jpg


何を描いているんだろう??帰りに通りかかると…立派なモーツァルトの肖像画が出来上がっていました。とてもすばらしい出来です!!

b0101854_8234683.jpg



大聖堂に代表されるように、ケルンには多くの文化遺産が集まっているようです。今回は時間の都合上見に行くことは出来なかったのですが、博物館もたくさんありましたよ。

みなさんご存知のように、ドイツには様々な種類のビールがあります。日本で飲める日本酒の種類が地域によって特徴があるように、ドイツビールも地域によって味や色が変わってきます。

b0101854_8244071.jpg


こちらはケルシュビアと呼ばれるケルンのビール。ちょっと細めのグラスが特徴的です。苦味が少なくてあっさりしていました。



ドイツの人達は本当によくビールを飲みます。水代わりに飲んでいるんじゃないか?と思ってしまうほど。なんと言っても、ドイツでは水よりビールのほうが安いんですよ!水がボトル1本1ユーロ50セントくらいなのに対して、ビールは1ビン1ユーロしないんです。ものによっては65セントなんてものも…。ビール好きにはたまらない天国ですね!

b0101854_8251958.jpg

こうやってテラスで日差しを浴びながら
昼間からみんなビールを飲んでいます。



ケルンは古い建築様式があることで有名ですが、それだけでなくショッピングも堪能できます!

b0101854_8255734.jpg


この通りは歩行者天国になっていて道の両側にはレストラン、洋服、雑貨などなどたくさんの店が並んでいましたよ。

みなさん、オーデコロンってケルンが発祥の地だということを知っていましたか?フランス語で「ケルンの水」と言う意味なんです。18世紀にフランス軍によってケルンが占拠され、そのときにフランス軍の兵士がこの「ケルンの水」を持ち帰ったことから世界に広まったそうですよ。

b0101854_8263128.jpg

お店には「ケルンの水」の泉がありました!
本当にオーデコロンが流れています。



帰り、駅に向かう途中にハーレー乗りのおじさんに出会いました!

b0101854_8271910.jpg


イタリア出身のおじさんは今はケルンに住んでいるそうです。話がサッカーのことになると「この前のイタリアの試合(対オーストラリア戦で最後の最後にPKで勝利を決めた試合)はダメだね。もっといい試合を見せてもらわなきゃ!」と。ヘルメットまで被らせてもらって写真を撮らせてもらいました!かっこいいなぁ!!

b0101854_8274416.jpg



ハーリー(おじさんの名前)、イタリア!






今回のケルン観光では、今までとは違いサッカーとは直接的に関係の無い場所を回りましたが、そこで出会う人とは「サッカー」の話で盛り上がることができたのです。以前にイランサポーターと友達になったときに、彼が「ワールドカップは本当にすばらしいイベントだよ。国や宗教関係なく、みんながサッカーを楽しめるんだから。」と言っていたのがものすごく私の心に残りました。

b0101854_834997.jpg





こんにちは、日本!






スタジアムでハーフタイムに流れるコマーシャルに「文化や国は違えど私達はサッカーという1つの言語を話している」といった内容のものがあるのですが、まさに「サッカー」という共通項が人と人とをつなげているんだなーということを実感しました。そんなサッカーのワールドカップの新たな魅力を実感した観光でもありました!
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-30 08:42 | ケルン | Comments(2)
ケルン観光 大聖堂編

6月9日からワールドカップが開幕して以来、初めてドイツでワールドカップの試合が行われない日でした。8強が決まり、これからは2日試合をやって2日お休み、という日々が決勝まで続きます。空いた時間を有意義に使おう、と思いフランクフルトから1時間の所にあるケルンへ観光に行ってきました!!

ケルンというと今まで訪れたことはあっても、立ち寄るのはスタジアムだけだったんです。ずっと横目で見ていたケルン大聖堂に今回立ち寄ってみることにしました。大聖堂前にある階段ではたくさんの人が座ってケルンの駅前の様子を眺めていたり、のんびりとしていました。そんな中でかわいいワンちゃんを発見!
b0101854_8331045.jpg
ドイツカラーに染まって、ちゃっかりパラソルの下でお昼ね中。パピーちゃんです。このパピーちゃん、ケルンではサッカー犬として名の知れた存在らしいです。


b0101854_8342911.jpg

パピーちゃんも興味深々に写真を覗いています。


b0101854_835829.jpg






                     パピーです






ケルン大聖堂は間近でみると、その大きさに圧倒されます。

b0101854_8374690.jpg
b0101854_8385843.jpg


b0101854_8393597.jpg

大聖堂の中には思わず見入ってしまうほどのすばらしいステンドグラスや、美しい細工が施された絵や祭壇ががあちらこちらにあり、大聖堂というよりまるで美術館の中にいるようでした。

b0101854_840775.jpg



この大聖堂、中に入るだけではなくて大聖堂の頂上まで上ることができるのです。せっかくだし上ってみよう!と思ったのは良かったのですが…待ち受けていたのが、上れど上れど果てしなく続く螺旋階段。

b0101854_8425812.jpg


しかもものすごく狭い中を上る人と下る人がすれ違わなくてはいけないので、なかなかスリリング。「2ユーロ(入場料)払ってなんでこんなことやってるんだ?」と苦笑いするひとも。


b0101854_8432736.jpg
あともう少し…。



息も絶え絶えになってたどりついた頂上から見た景色がこちら!
b0101854_8443564.jpg

ケルンの街が一望できます。今までの苦しかった道のりが報われた一瞬でした。

b0101854_8453942.jpg



あの下から上ってきたなんて…。



私の他にもたくさんの観光客が大聖堂の頂上まで上ってきていました。試合がない日だからか、いろいろな国のサポーターを見かけましたよ。ブラジルサポーターと一枚。今まで写真を撮ってきた中で一番高いところでとった写真です!ブラジル対ガーナの試合について話を聞いてみたら「あの試合はちょっと簡単だったね。もっと見ごたえのある試合がいいよ!」と王者の貫禄が漂うコメントでした!

b0101854_8463619.jpg

ブラジル、6回目の王者に!

がんばれ、ブラジル!





さて、階段を上ってきたというと帰りはもちろんくだらなくてはいけません。何段あったのか数えてみたところ…360段でした!もう足ががくがくです。もしケルンに観光に行かれる場合はぜひ大聖堂の頂上まで上ってみてください。そのときは360段を上りきる覚悟をしてきてくださいね!


今回はケルン観光の大聖堂編をレポートしました。次回はケルン観光タウン編をお送りします!
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-29 08:52 | ケルン | Comments(4)
ワールドカップ風物詩

ワールドカップの風物詩といわれているイングランドのサポーターに会ってきました。ケルンで行われたイングランド対スウェーデンの試合です。イングランドのサポーターはかなり激しいことで有名ですよね。4年前のワールドカップではフーリガン対策というのが話題になっていました。

ドイツに来て感じたことですが、イングランドのサポーターは他のどの国と比べても、かなり特徴的です。どこに行っても、必ずイングランドサポーターはいますし、昼間からテラスでビールを飲みながらどんちゃん騒ぎを繰り広げています。その騒ぎ方というのも、たとえるなら大学生のサークルの飲み会みたいな感じで…。

b0101854_10424055.jpg

フランクフルトにある広場の噴水に飛び込むイングランドサポーター。何度も飛び込むものだから、注意する警官も苦笑い。


試合会場周辺も、今日はいつもと違ってかなり物々しい雰囲気が漂っていました。パトカーや警官の数もいつもより明らかに多い上に、警官が装着している装備もいつもより厳重だった気がします。


b0101854_10431679.jpg


騎士の格好をしたイングランドサポーターを発見。自分で作ったのかと思いきや、こういう変装(?)セットが売ってるそうです。

カモン、イングランド!

土曜日まで会社を休んで試合を見にきたそうです。「月曜からまた働かなきゃいけないんだけど、戻りたくないよ。」どの国の人も考えることは同じですね。







b0101854_10435694.jpg

こちらはスウェーデンのサポーター。
友達と一緒に試合を見るそうです!


日本と僕はスウェーデンが大好き!







さて、試合時間も近づいてきたということで会場に入ろうとすると、チケットをチェックするゲートがものすごいことになっていました。キックオフの時間が15分に迫っていたということがあってか、長蛇の列(というかもはや列ではなかったですが)をなしている人達から「キックオフに間に合わない!もっと早くしろ!」というような声が聞こえてきました。警備に当たっていた警官がゲートに近づくと試合ばりの大ブーイング。私が並んでいた列では係員の制止を振り切って、ゲートをくぐってしまったりスタッフ専用の入り口から会場にもぐりこんでしまったりするサポーターも…。試合開始前から怒号が飛び交っていました。

b0101854_10444876.jpg


試合内容もかなり熱気を帯びた展開に。イングランドが先制するも、後半開始直後にスウェーデンが追いつき、再びイングランドが点をいれるものの、試合終了間際にスウェーデンが同点ゴールを決め2-2の引き分けとなりました。


b0101854_10472241.jpg

イングランドもスウェーデンもかなり激しい応援合戦。



ハーフタイムにお手洗いに行ったときのこと。サポーターのほとんどが男性のために男子トイレの前が大混雑。バーゲン会場に群がる人のようになってるんです。こういう光景をみると、何も言われなくとも列を作る日本人はすばらしいなぁと感じてしまいます(笑)挙句の果てにはあまりの混雑ぶりに女子トイレに並ぶ男性サポータの姿が!スタジアムにあるトイレは入り口が2箇所あるのですが、私が並んでいると反対の入り口にさもそれが当たり前かのように男性がならんでるんですよ。思わず笑ってしまいました。


今日の試合は、本当に何でもありの連続でした。日本では見ることのない光景を次から次へと目の当たりにして、こういう文化もあるんだなーと思わずにはいられませんでした。
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-21 10:50 | ケルン | Comments(5)
スタジアムだけじゃない!サポーターとの交流

今日はケルンに初上陸でした!ケルンではチェコ対ガーナの試合があったので、スタジアムまで行って試合前の雰囲気を楽しんできました。フランクフルトから電車で2時間弱。電車を降り立つとまず目に入ってきたのが、ケルン大聖堂でした!!
b0101854_1083074.jpg


とても精巧なデザインが施されていて、かつ、どっしりとした構えの聖堂で、荘厳という言葉がまさにぴったりだと感じましたよ。


ケルンのスタジアムはケルン中央駅から少し離れたところにあります。電車を乗り継いで30分くらいのところだったでしょうか。ドイツ国内にあるスタジアムにはそれぞれの特徴があります。中央駅(それぞれの都市に中央駅という駅があって、長距離電車はたいてい中央駅に止まります。)から歩いてすぐのところにあるスタジアムもあれば、ケルンや昨日のゲルゼンキルヘンのように電車に乗らなくてはいけないスタジアムもあります。利便性という点では、中央駅のすぐそばにあるスタジアムの方がよいのですが、中央駅から離れたスタジアムもそれなりの良さというのがあるんです。

例えば、今日もケルン中央駅から乗ったローカル線には多くのチェコサポーターが乗り合わせていました。するとチェコの応援が自然と始まるんです。b0101854_109866.jpg
途中の駅から乗り合わせたチェコサポーターにも「君達もチェコ?いいねー!」というようなノリであっという間に1つのチェコサポーターコミュニティーが出来上がっていたんです。私はその車両の隅っこに座っていたんですが「ジャパーン、イエーイ!」というような感じで声をかけてきてくれて、一緒にスタジアムの駅まで盛り上がることができてすっごく楽しかったです。こんな感じで、電車という場所もサポーター同士の交流の場となるんですね。
スタジアム周りだけがワールドカップじゃないんです。


スタジアム周りでは試合開始を今か今かと待っているサポーターでいっぱい。

b0101854_109504.jpg

電車で会ったチェコサポーターと再会!!




ガーナの太鼓を持った男の子とお父さん。太鼓をたたいてもらいました!
独特なリズムに合わせて応援!
b0101854_1011144.jpg

名前はニノイ君です!





大きなチェコの旗を持ったサポーター達。と思ったらあれ?ガーナサポーターも混じってる(笑)
友達同士で試合を見に来たそうです。
b0101854_10114976.jpg

チェコがんばれ!






こちらも旗を持ったガーナサポーター。カラフルな衣装でかなり目立っていましたよ。
b0101854_10141044.jpg
彼らにガーナの旗にある星の意味について教えてもらいました。この星は「ガーナの希望」を表しているそうです。それにちなんでガーナ代表は「black stars(黒い星)」と呼ばれているそうですよ。日本代表が「サムライ」、そしてイタリア代表が「アッズーリ」と呼ばれているようにそれぞれの代表の愛称をチェックしてみるのも面白いですね!








[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-18 10:22 | ケルン | Comments(0)
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム