ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ベルリン( 3 )

ありがとう、ワールドカップ!

とうとうこの日がやってきました。6月9日にワールドカップが開幕してから、ワールドチャンピオンの座を手にするための戦いが毎日繰り広げられてきました。今回の試合でそのチャンピオンが決定し、約1ヶ月ドイツ中を賑わせてきたお祭りもフィナーレをむかえます。

ベルリンのスタジアムに向かう途中、フランスサポーターから日本語で話しかけられました。彼は東京の原宿で家具屋さんをやっているらしく、今回はフランスの決勝を見届けるためにドイツにやってきたそうです。「日本を応援するためにほら、これも持ってきてたんだよ。」と日本の国旗を広げてくれました。

b0101854_15144078.jpg

フランスが勝つぞ!


電車の中では、にぎやかなドイツサポーターと遭遇。「あれ、君この前のドイツの試合を見に来てなかった?」と一人のサポーターに言われ、話をよくよく聞いてみるとなんと、前回ベルリンで開催されたドイツ対アルゼンチンの試合で私の後ろ側に座っていて、熱狂的な応援をしていた人だったのです!こんな再会もあるんですね!記念に、と「Pivi」を交換。

b0101854_1583834.jpg



「さすが日本だ!こんなことができちゃうんだね。」とみんな感動しっぱなし。

b0101854_15151663.jpg

日本ありがとう。みんな日本が大好きだよ!


b0101854_1510774.jpg
これが前に会ったときの写真




スタジアムに着くと、イタリアとフランスのブルー以外のいろいろな色に染まっていました。

b0101854_1553186.jpg

たくさんの国からのサポーターがこの試合のためにやってきていて、この1試合がまるでワールドカップ全体の縮図になっているようでした。



b0101854_1563664.jpg

そしてみんな決勝戦というフィナーレを楽しむかのように、違う国同士のサポーターと写真を撮っていました。人との出会いを楽しむグループリーグのような空気が流れていたのが印象的でした。みんな世界一が決まる試合を、そしてワールドカップのフィナーレを堪能しようとしているようでしたよ。


b0101854_1547215.jpgb0101854_15474639.jpg



イタリアのかわいいサポーター。お友達同士だそうで、2人ともお父さんと一緒に来ていました。

b0101854_15213787.jpg




ビクトルとカルロス



試合の前やハーフタイムには特別にステージが用意され、歌手達によって歌が披露されるなど、みんなかなり盛り上がっていました。試合も決勝にふさわしく白熱したものに。「絶対にワールドカップを手にする!」といった選手たちの気迫が広いスタジアムいっぱいに伝わっていました。

b0101854_15222834.jpg



1-1でむかえた延長戦。ジダンがレッドカードにより退場してからは、観客席の雰囲気も選手たちの雰囲気もより一層熱気を帯びてきました。

b0101854_15234821.jpg

観客の多くがジダンの姿を最後まで見たかったのでしょう。
レッドカードを出した審判に容赦のないブーイングが
浴びせられ、またそれ以降イタリアがボールを持つたびに
スタジアム中からブーイングが聞こえてきて、
雰囲気はフランス有利かの様に思われました。
b0101854_152313.jpg


延長戦でも決着はつかず、試合はPK戦へ。これで世界の頂点が決まるんだ、という気持ちから私は食い入るようにボールの動きを見つめていました。あんなにも緊張するPKは今までなかったんじゃないかと思います。結果フランスが1人はずし、4-3でイタリアの勝利!最後の1人をイタリアが決めた瞬間、イタリアサポーターからは張り裂けんばかりの歓声が聞こえてきました。

b0101854_15282318.jpg


b0101854_15335360.jpg


一方のフランスサポーターはがっくりとうなだれていたものの、「お疲れ様!」というように選手へ惜しみない拍手が送られていました。




b0101854_15353651.jpg
歓喜あふれるイタリアサポーター



表彰式。イタリア選手たちが念願のワールドカップを手にし、ピッチを歩きながら勝利をサポーター達と分かち合っていました。大量の紙ふぶきと幻想的な花火が打ち上げられるのをみて「あー、これでワールドカップも終わっちゃうんだなぁ。」という気持ちになりました。しかし、「実感」は出来ていないのが正直なところです。この1ヶ月もの長い間、試合を見て、たくさんの人と出会って…という毎日だったので明日もまたドイツのどこかに行って、サポーターと出会って写真を撮って、という気がしてなりません。




b0101854_17333051.jpg
この1ヶ月間、写真を通じて本当に多くの人と出会ってきました。そしてワールドカップという世界規模のお祭りを体験してきました。この1ヶ月はサッカーという共通項があることでどんな人とも話しが盛り上がったし、仲良くなることができました。そして、またみんなが多くの国からやってくるサポーターと会えるの楽しんでいました。



b0101854_1535868.jpg
このワールドカップはサッカーの
世界一を決める試合ではあった
けれど、ただそれだけではなく、
世界中の人をつなげる場でもあった
んです。今回のワールドカップの
会場のあちらこちらやボランティア
スタッフのユニフォームには
「A TIME TO MAKE FRIENDS」
(友達を作る時だよ)
という言葉が
書かれていましたが、その言葉が
今大会のすべてを表していたのでは
ないでしょうか。




そして、その出会いを作るきっかけとなったのが写真でした。今回のワールドカップで、私は写真を撮ることで本当にたくさんの人と友達になることができました。

b0101854_15375141.jpg


「一緒に写真を撮ってもらえますか?」という言葉に対して、だめだ、と言った人は本当に1人もいませんでした。カメラを向けるだけで、みんな自然と笑顔で答えてくれるんです。

b0101854_15382777.jpg

写真を撮ることというは一瞬一瞬を思い出として残すことだけでなく、思い出作りのきっかけにもなってくれるんだ、ということをこの1ヶ月を通じて感じました。



この記事をもって、私の旅も終わりを迎えます。このブログを通じて、私なりに感じたことやドイツにいないとわからないワールドカップの雰囲気を書いてきましたが、少しでもワールドカップの盛り上がりや多くの人との出会いの様子が伝わっていれば幸いです。このブログを読んでくださった全ての方、そしてこの旅に関わってくださった方に心から感謝をしたいと思います。


b0101854_165731.jpg

ありがとうございました!!

[PR]
by wcup-supporter | 2006-07-10 16:09 | ベルリン | Comments(46)
勝つということ、負けるということ

決勝戦が開催されるベルリンで行われたドイツ対アルゼンチンの試合。決勝戦のようにドイツ国内のみならず世界中から注目された試合だったのではないでしょうか。圧倒的な強さを見せ付けてきたアルゼンチンに対して、開催国であるドイツがどのように戦うのか。

今までに増して、ドイツ国内は朝からドイツ代表応援ムードに染まっていました。

b0101854_12324664.jpg


前回のドイツの試合では顔にフェイスペイントしていた駅の売店の店員さん。今回はフェイスペイントだけでなくユニフォームまでしっかり着用。

ベルリンに到着してから少し時間があったので腹ごしらえ、ということでベルリン名物のカレーヴーストを食べました。

b0101854_12331915.jpg

カレーヴーストというのは焼いたソーセージをぶつ切りにして、ケチャップ味のするちょっと甘いカレーソースをかけて食べるソーセージ料理です。ベルリン名物ではありますが、ドイツではかなりポピュラーな食べ物で、ソーセージを取り扱っている食べ物屋さんでは絶対に見かけます。




スタジアムに入ると、8割ほどの観客がドイツサポーターでした。
b0101854_1243470.jpg

しかし人数は少なくとも、太鼓のリズムに合わせて両手を上に突き上げながら存在感たっぷりに応援するアルゼンチンサポーターも決して引けをとってはいません。

b0101854_1235653.jpg


ハンブルグから来たドイツサポーターのおじさん達。とってもハイテンションな人達で、こんなポーズで一緒に写真を撮ってくれました。

b0101854_12362382.jpg





3対1にするぞ!






b0101854_1237524.jpg

こちらはアルゼンチンサポーター。「Pivi」に相当興味を抱いたのか、プリントアウトしている間に彼らの友達も次々と「これ何?」と集まってきましたよ。



b0101854_123738100.jpg


がんばれ、アルゼンチン!






b0101854_12382087.jpg

さて、アルゼンチンの試合では元アルゼンチン代表のマラドーナが必ず応援に駆けつけることで有名です。貴賓席で水色と白のユニフォームを着て、サポーターの応援に合わせて国旗を振り回している姿はいつもとても目立っています。ドイツサポーターの中にはドイツの勝利を願って「Adios, Diego!」(ディエゴ、さようなら!)と皮肉で書いた紙を掲げてる人もいるほど。必ず試合の応援に来るマラドーナをサポーター達も尊敬していて、マラドーナのユニフォームを着ているサポーターはとても多いんですよ。
b0101854_12384067.jpg




今回の試合は「一触即発」という言葉がまさにぴったりな試合でした。選手はもちろんサポーター達もぴりぴりムード。ブーイングや口笛の音が半端ないのです。特にアルゼンチンに対してはスタジアムのいたるところからブーイングが起こっていて、選手にもかなりのプレッシャーになっていたのではないでしょうか。

b0101854_124458100.jpg
私の近くでかなり大盛り上がりな声援を送っていたドイツサポーターの3人



アルゼンチンが先制したのち、スタジアムの声援に後押しされたかのようにドイツが同点ゴール。そのまま延長戦でも決着がつかず、PK戦にまでもつれ込みました。私にとっては初めてのPK戦。PK戦が始まるときのあの緊張感はなんとも言葉に表すことはできません。選手達は集中力を高めるかのように、そして勝利を掴み取るために改めて気合を入れるかのように円陣を組み、そしてボール1球ずつ蹴られるのを見つめています。

それぞれのサポーター達も自分達のチームに声援を送り、そして相手チームにはブーイングをするのですがここまでくると圧倒的にドイツが有利であることを肌で感じました。アルゼンチンチームがPKをするときのブーイングの音量たるや尋常なものではありません。結果はドイツチームが4本連続でPKを決め、アルゼンチンチームが4本中2本のPKを止められたところでドイツチームの5本目を待たずして、ドイツの勝利!!!

b0101854_12462351.jpg


PKというのはとても特殊なもののように感じます。90分間と延長の30分間を戦うときの実力とは違うものが求められるように感じるのです。1球にかける選手の集中力とその集中力を盛り立てる周囲の雰囲気。PK戦ほどサポーターの作り上げる雰囲気が持つ力の大きさを実感したことはありませんでした。そのような意味で、今回の試合ではPK戦にもつれ込んだ時点でドイツの勝利がほぼ確実だったのではないでしょうか。

ドイツに来てから多くの試合を見てきて、そのたびに「勝ち負け」を目にしてきました。しかし、今回の試合ほど「勝つこと」の喜びと「負けること」の絶望を一度に目にしたことはありませんでした。
b0101854_12471031.jpg
「勝負」とはその名の通り「勝つことと負けること」のどちらかしかありません。勝てばこの上ない喜びが味わえますが、負ければ目の前が真っ暗になるような絶望感を味わいます。
b0101854_124735100.jpg





今回アルゼンチンにとっては一度はつかみかけた勝利だっただけにその絶望感は相当なものだったでしょう。しかし、勝つか負けるかのどちらかしかないからこそ、「勝負」というのは面白いのではないでしょうか。



試合の帰り、電車の中ではドイツサポーターによる喜びの応援が響き渡っていました。

b0101854_1254524.jpg

そこには優勝が見えてきたドイツチームに向けての新たな応援が。
uber Dortmund fahren wir nach Berlin. (ユーバー ドルトムント ファーレン ヴィア ナッハ ベルリン)
「ドルトムント経由でベルリンに行くぞ!」次にドイツが戦うのはドルトムントで開催される準決勝です。そのドルトムントでの試合に勝って決勝の地ベルリンに行くぞ!という意味なんだそうです。

b0101854_12551682.jpg

スタジアムの売店の店員さんだってドイツサポーター!



b0101854_12561552.jpg
誰もがドイツの勝利に酔いしれています!



長くなりますが、最後に。
前回紹介したイランサポーターをもって、ワールドカップ出場32ヶ国のサポーターと出会うことを達成しました!しかも気づいたら100人ものサポーターと出会っているんです!!1ヶ月足らずで32ヶ国もの人に出会って、100人以上もの人と一緒に写真をとることなんて、普通ではできるものではありませんよね。ワールドカップというイベントがまさに「世界規模」のものであるということを改めて実感しました。しかし、私の旅はまだ終わっていません。ワールドカップのチャンピオンが決まるまで、引き続き少しでも多くの人と出会い、たくさんの写真を一緒に撮りたいと思います!
[PR]
by wcup-supporter | 2006-07-01 13:07 | ベルリン | Comments(3)
予選リーグ最終戦

ウクライナ対チュニジアの試合を見るためにベルリンに行ってきました!ベルリンにはフランクフルトに負けないとても大きなFan Festがあるんです。今回はその様子も報告しますね。

ベルリンのFan Festには何台もの大画面が設置されていて、大勢の人が試合の様子を観戦できるようになっているんです。
b0101854_5544931.jpg

この大画面はベルリンで有名なブランデンブルク門の前にあるんです!

お店もたくさん出ていました!しかもどれもおいしそうなものばかり…。

b0101854_5552091.jpg


こちらはドイツで有名なお菓子のハリボ。カラフルでいろいろな形のグミがあります。



b0101854_556111.jpg


フルーツのワイン漬け。
味はフルーツパンチと同じようなもので、
少しワインのいい香りがします。



家族連れや友達同士で来ている学生がとても多かったです。

b0101854_5565263.jpg


憩いの場となっているんですね!

Fan Festの隣には大きなサッカーボールの形をした建物が。

b0101854_5571887.jpg
FUSSBALL GLOBUSと呼ばれているもので、中に入るとワールドカップ…のレプリカが展示されていました。さすがに本物は展示できませんね。



スタジアムに着くと、いつもとサポーターの雰囲気が違いました。この試合が予選リーグ最終戦。泣いても笑っても今回の試合結果で決勝トーナメントへ進むことができるかどうかが決まるんです。
b0101854_5584934.jpg

グループによっては最終戦を待たずして決勝トーナメントへ進出するチームが決まっているところもありますが、ウクライナ・チュニジアがいるグループHは最終戦までもつれ込みました。そのためサポーター達もみんな必死の応援です。


b0101854_5592435.jpg




b0101854_605081.jpg




ウクライナからこんにちは!








ウクライナのサポーター家族。「ウクライナが勝つか、引き分けるかすれば決勝トーナメントにいけるんだよ!」と教えてくれました。この家族みんなものすごーくそっくりなんです!


b0101854_612685.jpg


「Pivi」には恥ずかしがって
写らなかったお母さんともう一人の息子。



「ウクライナが決勝戦にいけるといいね!」と書いた「Pivi」をあげたら「それはかなり厳しいね…」と苦笑いしながらもとても喜んでくれました。そして「Pivi」に写らなかった息子さん、日本語をちょっと勉強していたそうでとても流暢に「こんにちは、さようなら、あなたが好きです。」と言ってくれました(笑)


b0101854_644230.jpg

Peace






こちらはチュニジアサポーター。出身はチュニジアだそうですが30年近くもドイツに住んでるそうです。今はハンブルグでコックさんをやっていて「日本の料理も作れるよ!」と。日本の友達がたくさんいるそうで、日本にとても興味があるんだって!昨日のブラジル戦はもちろん日本の試合も欠かさず見ていた、と言っていました。「ドイツとの親善試合はとてもすばらしかった!高原はいいね!でもワールドカップが始まったら一体どうしちゃったの??」と。

試合は前半終了間際にチュニジア選手が退場となり、ウクライナ有利の体制に。後半ウクライナがPKから1点を取り、それが決勝点となりました。これでウクライナがワールドカップ初出場で決勝トーナメントに進出です!

b0101854_661661.jpg


いよいよ今日からは決勝トーナメントが始まります。32ヶ国中半分のチームが残り、優勝をかけて戦います。これからはリーグ戦と違って負ければ次がありません。今までの試合とは違う緊張感あふれる試合が見れることでしょう。最初はドイツとスウェーデンの試合を見に行きます。ドイツがホームの利を生かしてどんな戦いを見せるか、とても楽しみです!
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-24 06:16 | ベルリン | Comments(2)
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム