ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ミュンヘン( 4 )

「いい試合」を見たい!!

決勝行きを決めるもう一つの試合がミュンヘンで行われました。準々決勝で前回の王者ブラジルを倒したフランスと、PKでイングランドを下したポルトガルの試合。

ミュンヘンの駅には多くの警官が警備に当たっています。実はヨーロッパの国の試合が行われるときには、その国の警官がドイツの警官と一緒に警備に当たっているんです。なので今日もドイツ・フランス・ポルトガルの警官が駅で見られましたよ。予選リーグのときには今以上に多くの国から警備に来ている警官がいて、サポーターの中には自分の国の警官を見つけて記念に一緒に写真を撮ったりなどをしている光景も見かけました。

b0101854_1344295.jpg

左の青い2人がフランスの警官


今回の試合はフランスとポルトガルの試合ではありましたが、今まで以上に試合を見に来ているサポーターの国籍が多国籍でした。

b0101854_13455846.jpg



ブラジルのユニフォームを着込んだドイツのサポーター。「ドイツはもちろんだけれども、ブラジルはいいよね!日本は最初よかったんだけえど…後のほうはどうしちゃったの?」と。

b0101854_13481140.jpg

有名な日本へ!






とっても小さなかわいいポルトガルサポーターを発見!カタリーナちゃんです。
b0101854_1425189.jpg

まだ11ヶ月だそうですが、しっかりチケットを握り締めてポルトガル応援の準備はばっちり!



b0101854_142623.jpg

カタリーナ





b0101854_1433970.jpg
「君は日本から来たの?」と声をかけてくれたのはソンブレロを被ったメキシコサポーター。どうやら仕事で1年に1度は日本を訪れているらしく、日本の細かい地名までよく知っていました。「新潟とか福島とか鹿児島とか…日本のいろんなところに行ったよ!」



私の日本の友達へ。日本大好き!






私がメキシコサポーターと「Pivi」の交換をしていると物珍しそうにドイツのサポーターがやってきました。「こうやって今撮った写真をプリントアウトできるんだよ!」と一緒に写真を撮ってプリントしてみました。「これはドイツでも売ってる?」とかなり興味を持った様子。話は昨日のドイツの試合に。「ドイツが絶対に決勝に進むと思っていたから、決勝戦のチケットを手に入れたんだけど…本当に残念だったよ。まだ3位決定戦があるけれど、やはりそんなには盛り上がらないだろうね。」と。

b0101854_1443219.jpg


ミヒャエルからまりこへ






スタジアムに入ってみると、フランス・ポルトガル両国のサポーターはそれぞれのゴール裏に同じくらい(若干フランスの方が多かったかな)いました。

b0101854_1455965.jpg

b0101854_1461731.jpg


その2カ国以外のサポーターはどっちを応援するのかな、と思いながら彼らの様子を見ているとどうやら多くの人はフランスを応援しているようでした。フランスには世界的に有名なスター選手も多い上、ジダンというすばらしい選手が今回のワールドカップを最後に引退をするという話もあるからでしょうか。PKによりジダンが決勝点となる1点を入れたときは一際大きな歓声が上がっていました。



しかし、フランスが1点を決めた後からサポーターの様子が少し違ってきたんですフランス・ポルトガル以外のサポーターがそれまでフランスを応援していたのに、いつの間にかポルトガルの応援に変わっていたのです。ポルトガルのコーナーキックになるとみんな椅子から立ち上がったり、シュートがゴールを掠めると「あともう少しだったのに!」とでも言わんばかりに頭を抱えて…。後半のロスタイムに迎えた絶好のポルトガルのチャンスのときには、みんな叫び声に近い声援を送っていました。

最初は「何で応援するチームを変えるんだろう。」と不思議だったのですが、自分の国以外の試合ではどこの国を応援する、というのではなくて面白い試合を見たい、と思っているんじゃないかと思うようになりました。

b0101854_148994.jpg


「1-0でフランスがリードしているところから、試合終了ぎりぎりのところでポルトガルが追いついて…」というようなドラマチックな展開を期待していたんじゃないでしょうか。確かにそのような展開があると見ている側もとても盛り上がりますからね。

ワールドカップも残すところあと3位決定戦決勝戦の2試合のみ。ここまでくると、どの国が勝つという結果だけではなく、どれだけ試合展開がエキサイティングなものであるかということも注目されるようになるのでしょうね。応援と言うよりかはレベルの高い、そしてワールドカップの歴史に残るような名試合をこの目で見たい!という気持ちを持って観戦している人が多くなるのかもしれません。
[PR]
by wcup-supporter | 2006-07-06 14:16 | ミュンヘン | Comments(0)
開催国だからこそ…

いよいよ決勝トーナメントが始まりました。泣いても笑っても、負ければそこで終わり。気を抜くことが許されない1戦1戦が続いていきます。これからが本当のワールドカップとも言えるかもしれませんね。

開催国であるドイツが迎え撃つのはスウェーデン。ドイツではいたるところで朝から応援ムードでしたよ。
b0101854_8595480.jpg

駅の売店の店員さんは顔にフェイスペイントをしていたり、
会場ボランティアの人たちも今日はドイツの応援!



スタジアムに入ると、観客席のほとんどがドイツサポーターで埋め尽くされていました。さすが開催国。国歌斉唱の際ドイツ国歌が地響きのように聞こえてきました。応援の雰囲気は圧倒的にドイツ有利の状態でした。
b0101854_915517.jpg


そんな応援の雰囲気に後押しされたのか、ドイツも試合の波を決してスウェーデンに譲りません。常に落ち着いたボールさばきを見せ、前半の早い時間にポドルスキーが2得点を挙げました!

b0101854_923229.jpg

ドイツサポーターの喜びも大爆発!




b0101854_925334.jpg





b0101854_933251.jpg


会場警備に当たっている警察官も、やはり試合が気になる様子。



前半終了前ににスウェーデンの選手が2枚目のイエローカードをもらい退場に。ここまでくるとドイツの勝利がかなり明らかなものとなりました。ドイツが次々にシュートを放つ一方で、スウェーデンは相手ゴールにボールを運ぶの精一杯。なんだか日本とブラジルの試合と似たような試合展開の印象を覚えました。

ほとんどの観客がドイツサポーターということもあって、聞こえてくる応援もドイツの応援しか聞こえてきません。ここでドイツの応援を1個ご紹介。試合中はもちろんのこと、スタジアムに向かう電車の中や駅などサポーター達が集まる場所でもよく聞かれる応援です。

Berlin, Berlin wir fahren nach Berlin!(ベルリン、ベルリン ヴィア ファーレン ナッハ ベルリン!)

これは「ベルリン、ベルリン、ベルリンに行くぞ!」という意味なんだそうです。ベルリンとは決勝戦が行われる場所。つまり、「決勝に行くぞ!」という意気込みなんですね。今度のドイツ戦があるときは、みなさんもちょっと耳を応援に傾けてみてください。もしかしたらこの応援が聞こえるかもしれませんよ。


ハーフタイムにたくさんのカップを持った男の子達を発見。

b0101854_944989.jpg
彼らがこんなにもたくさんのカップを集めているのにはある理由があるんです。スタジアムで販売されている飲み物の代金にはカップの料金が1ユーロ含まれているんです。飲み物を飲み終わったら、空のカップをお店に持っていくと1ユーロを返してくれるシステムとなっているんです!だから彼らはこんなにもたくさんのカップを集めていたんですね。このシステムは環境にもやさしいという利点もありますが、1ユーロを返してくれるということでカップをごみとして放置する人がほとんどいないんです。スタジアムの美化にも一役かっているんですね。



私も飲み終わったカップを返却。

b0101854_952932.jpg

1ユーロをもらいました。

b0101854_961497.jpg



さて、後半も2-0という得点を保ったまま試合終了。決勝トーナメントの初戦はドイツの勝利となりました。ドイツサポーターはお祭り騒ぎ!帰りの電車の中もスタジアム熱気覚めやらず、といった感じでした。もちろんどのチームも勝つとお祭り騒ぎとなるのですが、ドイツはやはり特別です。開催国ということもあってどの場所に行ってもお祭り騒ぎなんです。

b0101854_974851.jpg


みんな天井をたたきながら、飛び跳ねたりするものだから電車が脱線しないかヒヤヒヤ。

その電車の中で先頭切って応援コールを叫んでいた男の子達。スタジアムの隣村に住んでいるそうで、これからはパーティーだ!と言っていました。「次はアルゼンチンかメキシコのどちらかと対戦するんだけど、絶対メキシコがいいね!」と。

b0101854_981943.jpg



ワールドカップ2006のチャンピオンはドイツ!






今回の試合を見て、開催国のチームはとても有利であるということを改めて実感しました。あの圧倒的なドイツ応援の雰囲気を感じて、選手達が影響されないはずがありません。ぜひドイツには決勝にまで勝ち残ってもらいたいです!そしてドイツサポーター達がどんなお祭り騒ぎを見せてくれるのか、とても楽しみです。

さて、ドイツが次に対戦する相手が先ほど決まったようです。アルゼンチンとメキシコが対戦して2-1でアルゼンチンの勝利という放送が電車の中に流れて、乗客から大きなため息が漏れました。そう、次はドイツ対アルゼンチンという対戦カードです。手ごわい相手ですね。どんな試合になるんでしょうか?ドキドキですね。
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-25 09:19 | ミュンヘン | Comments(0)
異文化体験

今日はミュンヘンにやってきました。開幕戦に続いて2回目のミュンヘンです。対戦カードはチュニジアサウジアラビア。普段なかなかと会う機会もないので、どんな文化を持っている人たちなんだろう!?と今日の試合はかなり楽しみにしていました。

スタジアムに到着すると、赤い人でいっぱい!緑のサウジアラビアの人はあまりいない印象を受けました。
b0101854_7482853.jpg


サウジアラビアから来た家族に声をかけて写真を一緒に撮ってもらいました。
b0101854_7493267.jpg

子供たちはサウジグリーンのはちまきを、お母さんも同じ色のスカーフを見につけ、サウジの旗をもって応援の準備は万全!「サウジからはるばる来たのよ。遠くて大変だったわー。」とお母さん。

b0101854_853189.jpg
サウジアラビアが勝ちますように!






こちらはチュニジアのサポーター。このステキな帽子はお手製だそうです。日よけ対策とサッカー応援の両方の機能を兼ね備えています☆
b0101854_86193.jpg

チュニジアが勝つ!!






スタジアム内に入ってみると、チュニジアサポーターがほとんどの席を占めていたものの、サウジサポーターもがんばって応援していましたよ。
b0101854_7502559.jpg


応援スタイルも両国ともに独特でした。
b0101854_872595.jpg
チュニジアは丸い太鼓のような
ものをたたきながら。
サウジアラビアはエキゾチックな
トランペットを吹きながら。
今まで直接触れることのなかった
文化を目の前にして、
なんだか鳥肌が立つような興奮を
覚えました。そして、こんな応援もあるのだ、
とサッカーの応援の新たな一面を見た気がしました。




b0101854_891973.jpg

チュニジアのゴール裏は大盛り上がり!


ハーフタイムにちょっと一服していたサウジアラビアのサポーターとも写真を撮りました。

b0101854_895426.jpg
シャツについている写真はサウジアラビアの王様だそうです。さっき一緒に写真を撮ったサウジアラビアの女の子の胸にも王様のバッヂがついていました。きっと国民から愛されている王様なんですね!





ここでちょっとあるお願いをしてみました。日本にいるときからアラビア語にはすごく興味を持っていて、アラビア語を話すサポーターに会ったときにはやってもらおう、と考えていたことがあったのです。それはアラビア語で私の名前を書いてもらうこと。私の名前があの絵のようなアラビア語ではどうやって表記されるんだろう、ととても楽しみにしていたんです。

お願いしてみたところ、快く「いいよ!」との返事が。やったーー!器用に右からさらさらっと書いてくれたのがこれ。

b0101854_8115669.jpg
写真の上に書かれているのがそうです。下にはアラビア語で「Kingdom of Saudi Arabia」
ステキな文字です!







試合の結果は2-2の引き分け。試合終了間際にチュニジアが同点ゴールを決め、日本人の私でも見ていて面白い試合となりました。

今日はイスラム文化を堪能した1日でした。こういうことができるのもワールドカップという世界中の人が集まるイベントだからこそなんだ、と改めて感じました。
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-15 08:20 | ミュンヘン | Comments(2)
ワールドカップの開幕です☆

2006年6月9日。とうとうこの日がやってきました。ワールドカップの開幕の日です!開幕式とワールドカップ第1試合目であるドイツ対コスタリカの試合が行われるミュンヘンに私も行ってきました。

スタジアムに向かう電車の中もサポーターでいっぱいでした。
b0101854_7162739.jpg

ドイツサポーターがドイツの応援歌を歌ったかと思えば、それに負けじと対戦相手のコスタリカサポーターも歌いだす…。スタジアムの外からすでに試合が始まっていました(^o^)

両国サポーターの中で日本のジャージーを着てる私を見ては「ニッポンガンバレー!」とか「こんにちはー」などの日本語で話しかけてくるサポーターもいたりして、とてもフレンドリーな雰囲気でした。

b0101854_7174396.jpg
みんなで代わる代わる写真を撮りあってみたり…いい笑顔!!




チケットチェックのために並んでいた列の前にいたコスタリカのサポーターとも一緒に写真を撮りました!
b0101854_7183497.jpg
真ん中の彼が持っている赤と白の筒のようなものは
お手製の笛だそうです。




スタジアムの前ではFUJIFILMのブースを発見!ここではゴールゲームに挑戦して、ゴールに空いている穴に入ると景品として、ワールドカップのマスコットキャラクターのゴレオ君と一緒に撮った写真をその場でプリントアウトしてくれるのです!私ももちろん挑戦しましたよ。
b0101854_72058100.jpg
SAMURAI BLUE PARKのリベンジなるか…?!



じゃーん!見事ゴールに成功。
b0101854_7222057.jpg

こんな立派なプリントにしてもらっちゃいました☆
日付と対戦カードまで入っているんですよ。一生の宝物です。

そうしている間にも、開幕の時間が近づいてきました。急いでスタジアムに入ってみると、ものすごい数の人に囲まれたフィールドが…!あれだけの多くの人と、体に響く歓声を体感しただけで、おもわず鳥肌が立ってしまうような感激を覚えました。
b0101854_7235396.jpg
間もなくものすごい歓声と共に
ワールドカップが開幕しました。
ドイツの文化を取り入れた
開幕セレモニーを見ている人たちが
それを心から楽しみながら見ている様子が
とても私の心の中に残りました。
まさに、お祭りだ!と。


b0101854_7254866.jpg



今日から約1ヶ月に渡って32の国が優勝をかけて試合に挑みます。そして知らない人同士でも分け隔てなく共に一喜一憂できるお祭りも今始まったばかりです。大会期間中、少しでも多くの人と笑顔に出会いたいと改めて感じました!
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-10 07:32 | ミュンヘン | Comments(8)
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム