ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シュトゥットガルト( 4 )

ドイツ代表ありがとう!のお祝い?!

ワールドカップのクライマックスである決勝戦を目前に控え、3位決定戦が行われました。ドイツ対ポルトガルの試合。「決勝までいくのではないか?」と期待されながらも、イタリアに負けてしまったドイツがどのようにこの3位決定戦を迎えるのか。そしてドイツサポーターはどのようにこの3位決定戦を見ているのかが気になっていました。

シュトゥットガルト中央駅からスタジアムに向かう電車の中では、やはりほとんどがドイツサポーターではありました。ポルトガルサポーターはちょっと見かけるくらい。むしろ、ドイツサポーターがポルトガル応援の格好をしていたり…。

b0101854_135694.jpg


こちらは電車の中であった、ドイツサポーター。ポルトガルとドイツの旗を両方を身に着けていたので「どっちの応援なの?」と聞いてみたところ「もちろんこっち!」とドイツの旗を指差していました。

b0101854_1353192.jpg



とてもステキな4週間(ワールドカップの期間)だったよ!







決勝トーナメントに入ってからというものの、負けてしまえばそこで終わりということから、選手にもサポーターにも緊張感のある雰囲気が漂っていました。しかしこの3位決定戦にはそのような雰囲気はなく、むしろグループリーグのような「応援を楽しもう!」、「ワールドカップでのドイツ代表の最後の試合を見たい!」というような空気が流れていた気がします。

「決勝でベルリンに行くぞ!」と言っていた応援も「Stuttgart ist viel schoner als Berlin!」(シュトュットガルトはベルリンより綺麗だ!)と思わず笑いを誘うような応援に変わっていたり…。決勝には行けなかったけれど、よくここまでこれたよ。というような気持ちなのでしょうか。

b0101854_1362498.jpg

私が日本のジャージーを着ているのを見て「写真を一緒に撮ってくれる?」とやってきた2人。もちろん私も写真を撮って「Pivi」の交換をしました!ドイツ北部にあるハノーバーからこの試合を見にやってきたそうです。ドイツに来たばかりの時は「日本に関係の無い試合でジャージー着るのはどうなんだろう?」と思っていたのですが、このようにジャージーを着ていることでいろんな国の人から声をかけてもらうことが何回もありました。「私も日本を代表しているんだ。」実感する瞬間でもあります。

日本、ありがとう!マーティンとデイビッド







彼らと「Pivi」の交換をしているのを不思議そうに見ていた人がいたので、声をかけてみました。

b0101854_1373818.jpg


「どこから来たのですか?」と聞くとなんと「イラクからだよ。」と。イラクからワールドカップを見に来ている人がいるのがとても驚きでした。「今回のワールドカップにはイラクは出られなかったけれどね。」と。次のワールドカップにはイラク代表の試合を見れるといいですね!

b0101854_138619.jpg

イラクのジャマル。







ポルトガルサポーターとも写真を撮りました!ポルトガルの応援は今回が2回目だそうです。「前はポルトガル対イランの試合を見たんだ!」と言っていました。どうやらお仕事の仲間同士で来ているそうです。「週末を利用してきたんだ。試合が終わったらそのまま帰るよ。月曜日からまた仕事だからね。」日本の試合も見ていたそうで、日本がグループリーグで敗退してしまったことを残念がっていました。

b0101854_1384184.jpg

2010年のワールドカップではポルトガルと日本が対戦できたらいいね。






さて、今回の試合は日本でも注目された試合だったのではないでしょうか。日本人審判が主審を務めるということで、選手のみならず審判の動きも気にしながら試合を見ていました。形は違えど、日本の代表として決勝リーグのピッチに立っている姿を見るのは同じ日本人として誇りに思います。

b0101854_1392253.jpg

前半はあまりぱっとしない試合展開が続き、観客からはウェーブが起こりっぱなしでした。「つまらないよ!」とう意思表示だけでなく、この会場の雰囲気を一緒に楽しみたいという気持ちもきっとあったのでしょうけれどね。後半に入ってからは、ドイツが3点(うち1点はポルトガルによるオウンゴール)を決め、ポルトガルが1点を追うもののそのまま試合終了。3-1でドイツが3位となりました!
b0101854_139505.jpg



試合終了後はそのまま3位の表彰式が行われました。地元ドイツが3位で表彰、ということもあって会場は大盛り上がり。まるで3位の表彰というよりかは「ドイツ代表おつかれさま!」といったような雰囲気でした。

b0101854_131371.jpg


会場の照明が暗く落とされた瞬間、打ち上げ花火が上がり観客のテンションもあがりっぱなし!選手たちがピッチの周りを大きく1周しながら挨拶をして、ピッチを去った後もそのお祭りの余韻にみんな浸っていたい、という感じでした。

b0101854_13142524.jpg


ニュースで見かけた話題ですが、ワールドカップの3位決定戦を廃止すべきかどうかという議論がなされているそうです。しかし、今回に限っては、3位決定戦をやってよかったのではないかと思います。優勝争いはできなかったけれども、ワールドカップ開催国のチームが表彰されて、そしてスタジアムのほぼすべてを埋め尽くす自分達のサポーターに「お疲れ様!」「いい試合をありがとう!」と声をかけられながら挨拶して回る、というような盛り上がりはめったに実現できるものではありません。会場の雰囲気としてはとても良いものだったと感じました。



さて、早いもので明日でワールドカップも決勝戦、つまりエンディングを迎えます。3位決定戦でこの盛り上がりだったんですからね。決勝はいったいどうなるのか。とても楽しみです!
[PR]
by wcup-supporter | 2006-07-09 13:20 | シュトゥットガルト | Comments(4)
決勝トーナメントという雰囲気

決勝トーナメント2日目はイングランド対エクアドルの試合を見に行きました。会場はシュトゥットガルト。ニュースによると前日にイングランドとドイツサポーターによる暴動が起きたとのこと。「大丈夫かなぁ?」と身構えながらもシュトゥットガルトに着いてみると騒いでいるサポーターがいるどころか、みんな静かな様子でちょっと拍子抜けでした。どうやら通常より厳しい警備体制を敷いていたおかげだそうです。

スタジアムに到着してみると、前日の試合と同じくサポーターのほとんどがイングランドサポーターなんです。ドイツと同じヨーロッパの国だからでしょうか、それともみんなサッカーに対してとても熱いからなのでしょうか…。うわさによると、前日から6万人のイングランドサポーターがシュトゥットガルトに来ていたそうですよ。

b0101854_101641100.jpg


エクアドルサポーターもがんばって応援しています!


ドイツのサポーターもかなり多くこの試合を見に来ていました。面白いことに、ドイツのサポーターはどの試合を見に行こうとも(たとえドイツに関係のない試合でも)ドイツの国旗を持って応援をしているんです。今回の試合では、エクアドルのサポーターが圧倒的に少なかったのでエクアドルの応援を支援するかのように時々「ドイツランド!ドイツランド!」というドイツサポーターの声がスタンドから聞こえてきました。


試合は両者なかなか点を入れられずに、時間だけが刻々と過ぎていきました。そんな中でベッカムのフリーキックによるイングランドの得点!のどから手が出るほど欲しかった得点にイングランドサポーターは待ってました!とばかりに大喜びでしたよ。

b0101854_10242849.jpg


イングランドではベッカムとルーニーがかなり人気のようです。サポーター達から「Go, Becks!」(Becksというのはベッカムの愛称)と呼ばれたり、何かあれば「ルーニー、ルーニー!」と言われたり…。期待の高さが伺えます。

b0101854_10202078.jpg

ハーフタイム中に一人のイングランドサポーターに声をかけられました。写真を撮らせて欲しいということだったので、一緒に写真を撮りました。彼に話を聞いてみると、いろんな国の人と写真をたくさんとりたいんだ!という返事が。私も同じようなことをやっているんですよ!今回の試合の他に、数試合を観戦してからイングランドに戻るそうです。



試合の結果は、先ほどのベッカムが決めた点が決勝点となり、1-0でイングランドの勝利。次はポルトガルとの対戦となります。


b0101854_1022363.jpg


決勝トーナメントを2日見てきて、選手はもちろんのことサポーターの雰囲気がかなり変わったような印象を受けました。グループリーグの時は誰もが対戦相手の国のサポーターと出会うことを楽しんでいて、まさにお祭り気分でしたが、決勝トーナメントに進んでからはそういった気分はだいぶ薄れて、サポーターからも「絶対にこの試合に勝つぞ!」といった意気込みをすごく感じました。これから先、選手・サポーター共に熱い戦いが続いていくことでしょう。


[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-26 10:34 | シュトゥットガルト | Comments(0)
スタジアムだけが会場じゃない!

今日はドイツのパブリックビューイングを紹介したいと思います!スタジアムのある各都市には、たくさんの人が集まって試合を大画面で観戦することができる「パブリックビューイング」と呼ばれる場所があります。こちらではFan Festと呼ばれているのですが、その名の通りお祭りのようなんです。

みなさんはパブリックビューイングというとどのようなものを想像しますか?実は私はパブリックビューイングを見に行ったことがなくて(大学の講堂で開かれたパブリックビューイングなら行ったことはありますが…)どんなものかというのは、ニュースや聞いた話でしかわからないのですが、スタジアムの大画面に中継映像を映し出してスタンドで応援する、というイメージがあります。

b0101854_10294643.jpg

でもドイツのパブリックビューイングはそれだけで1つのお祭り会場になってしまっているんです。以前にも少し紹介したフランクフルトのFan Festa。マイン川の中に大画面が設置され、川岸からサポーター達が試合の様子を観戦できます。そして試合を観戦できるだけでなく、オフィシャルグッズが買える店や、軽食やビールを売っている屋台。



b0101854_1030235.jpg

サポーター同士の交流の場!


そして誰でも参加することのできるフットサルのコートがあったり、観覧車があったり…と試合を観戦するためだけでなく、「天気もいいし、散歩がてらFan Festに行ってみる?」という感じで気軽に足を運べる場所となんです。


b0101854_10314320.jpg

ちなみに、この前Fan Festにあった観覧車に乗ってみました。日本の観覧車と違って囲いがないうえに超高速回転。そして気前のいいことに5~6周してくれちゃうんです。ちょっと怖かったけれど、すっごーい気持ちいい!フランクフルトの街を遠くまで見渡せて、風もとてもすがすがしかった!

こういったパブリックビューイングをこれからどんどん日本も取り入れてもらいたいなー、と感じます。スタジアムの中でしか雰囲気を味わえないというのではなく、スタジアムと同じような雰囲気を味わえるような場所を作ったりすることで新たなサッカーの楽しみ方というのもできると思いました。


さて、シュトゥットガルトでスペイン対チュニジアの試合を見てきました。スタジアム周辺で「必勝」と書かれた日本のはちまきをしたスペインサポーターを発見!「そのはちまきどうしたの?」と聞いてみたところ、「日本人にもらったんだよ!」と。でもどうやらどっちが上かは教えてもらわなかったらしく、1人のはちまきが上下さかさまに…。ちゃんと直してから一緒に写真をとりました!



b0101854_10325239.jpg


会えてうれしいよ!






この試合はどこかで目にしたことのあるような試合展開となりました。最初チュニジアが1点先制したものの、後半に入ってからスペインの猛攻撃により3点を決められ、3-1でスペインの勝利。これでスペインは決勝トーナメントの進出を決めました。
b0101854_10332331.jpg

b0101854_10372820.jpg
チュニジアは先制したものの3点という点を取られての敗戦。日本も同じような経験をしているだけに、チュニジアのサポーターの気持ちもわかる気がしました。



b0101854_10335157.jpg


先制点を取った瞬間のチュニジアサポーター


決勝トーナメントへの道が閉ざされてしまったわけではないということなので、あきらめずに次の試合も精一杯戦ってもらいたいですね!


最後に、シュトゥットガルトに向かう途中このブログを読んでくださっている日本人の方に会いました。
b0101854_1035323.jpg
ブログを読んでいる方からの反応をコメントだけでなく、実際にお会いして「読んでますよ!」と言われるとやはりうれしいものです。ワールドカップが開幕してから、本当に多くの方がこのブログを訪れてくださっています。





先日の日本代表の対クロアチア戦があった日に取材を受けて、その記事がウェブサイトに掲載されてからは今まで以上に多くの方にこのブログを訪れてくださいました。本当にありがとうございます!これからも皆さんにドイツの様子をレポートできるようがんばっていきます☆
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-20 10:43 | シュトゥットガルト | Comments(5)
ヨーロッパ国同士の対決

今日はシュトゥットガルトで行われたフランス対スイスの試合を見に行ってきました!お隣の国同士の試合ということで、どんな盛り上がりを見せてくれるかとても楽しみにして行きました。

会場の行くためにフランクフルト中央駅に着くと、真っ赤なジャージーを着た人たちでいっぱい!今日はフランクフルトで韓国対トーゴの試合が行われるということで、多くの韓国サポーターが集まっていたのです。全身、韓国応援グッズで身を固めた女の子2人がいたので話しかけてみました。

二人は休暇で今日ドイツ入りしたそうで、これから1ヶ月ヨーロッパを周ると言っていました。ドイツのあとはプラハだって!すてきですね~。
b0101854_937146.jpg
右の子はソウルで看護師をしていて、左の子は写真の勉強をしているそうです。






トーゴのサポーターにも会いました。トーゴの国旗を片手に応援かを歌いながらホームを歩いていた彼。「今日はトーゴが勝つよ!」と応援への気合をみなぎらせていました!
b0101854_9384643.jpg





フランクフルトから約1時間半で今日の試合会場であるシュトゥットガルトに到着。ホームではかなりユニークなフランスサポーターを見つけました。彼らが持っている旗の柄がフランスパンになってるんです!本物ですよ!!フランス人ではなく、ドイツ人の彼らでしたが一緒に写真を撮りました!
b0101854_9391551.jpg

3人組の仲間。今日はスイスとフランスに別れて応援するそうです。


スタジアムに到着してみると、かなりの割合で真っ赤に染められたサポーターで会場が埋め尽くされていたんです。フランスのサポーターがすごく少なかったんですよ。同じヨーロッパ、そして隣の国同士なのに…。ちょっと意外でした。入り口では気合の入ったフェイスペインティングをしたスイスの女の子たちがいました!

写真を撮って「Pivi」でプリントアウトしたら「日本からやってくるものは何でもすごいわね!」とかなり感動していた様子。
b0101854_9405571.jpg

二人分のプリントをあげたらすっごいよろこんでいましたよ!
b0101854_9401559.jpg
Hopp Schwiiz!
スイスがんばれ!っていう意味だって☆







スタジアム内の売店に並んでいたら、フランス人の女の子が隣にやってきました。話しかけてみると、彼氏と一緒に今日に試合を見に来たそうです。一緒に写真を撮っていると彼氏もやってきました。「フランスチームではどの選手がお気に入り?」と尋ねてみたところ「ジダンだよ!僕と同じマルセイユの出身だからね!」と彼氏が。ちなみに彼女の出身はワインで有名なボルドーだそうです。
b0101854_941591.jpg
フランスも日本もがんばれ!






試合の結果は0-0の引き分け。両者ともに押しつ押されつの展開でした。

b0101854_943582.jpg
今日の試合の様子を見ていて、各国の応援にはそのお国柄というのがよくあわられているということをすごく感じました。スイスの場合だと、とにかくみんなおもしろいほど白十字なんです。



そして鳴り物もスイスだとこんな感じに↓
b0101854_9433618.jpg

そう、カウベル。スタジアム内に何度もこのベルの音が響き渡っていました。フランスだと、さっき紹介したようなフランスパンだったり、ベレー帽だったり…。
b0101854_9435976.jpg
こういった各国のサポーターの格好というのも
ワールドカップの醍醐味のひとつなのかもしれませんね。
[PR]
by wcup-supporter | 2006-06-14 09:50 | シュトゥットガルト | Comments(0)
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム