ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ケルン観光 タウン編

さて、今回はケルンの街の様子をお届けします。ケルン中央駅に着くとまず目を引くのが中央駅の天井です。まるでイタリアのシスティーナ礼拝堂のようですね!

b0101854_8222293.jpg



b0101854_8224754.jpg


前回紹介したケルン大聖堂の周りには広場があって、たくさんの大道芸人がそれぞれの芸を披露して歩く人々を楽しませています。



広場の石畳にチョークで絵を描いています。
b0101854_8231890.jpg


何を描いているんだろう??帰りに通りかかると…立派なモーツァルトの肖像画が出来上がっていました。とてもすばらしい出来です!!

b0101854_8234683.jpg



大聖堂に代表されるように、ケルンには多くの文化遺産が集まっているようです。今回は時間の都合上見に行くことは出来なかったのですが、博物館もたくさんありましたよ。

みなさんご存知のように、ドイツには様々な種類のビールがあります。日本で飲める日本酒の種類が地域によって特徴があるように、ドイツビールも地域によって味や色が変わってきます。

b0101854_8244071.jpg


こちらはケルシュビアと呼ばれるケルンのビール。ちょっと細めのグラスが特徴的です。苦味が少なくてあっさりしていました。



ドイツの人達は本当によくビールを飲みます。水代わりに飲んでいるんじゃないか?と思ってしまうほど。なんと言っても、ドイツでは水よりビールのほうが安いんですよ!水がボトル1本1ユーロ50セントくらいなのに対して、ビールは1ビン1ユーロしないんです。ものによっては65セントなんてものも…。ビール好きにはたまらない天国ですね!

b0101854_8251958.jpg

こうやってテラスで日差しを浴びながら
昼間からみんなビールを飲んでいます。



ケルンは古い建築様式があることで有名ですが、それだけでなくショッピングも堪能できます!

b0101854_8255734.jpg


この通りは歩行者天国になっていて道の両側にはレストラン、洋服、雑貨などなどたくさんの店が並んでいましたよ。

みなさん、オーデコロンってケルンが発祥の地だということを知っていましたか?フランス語で「ケルンの水」と言う意味なんです。18世紀にフランス軍によってケルンが占拠され、そのときにフランス軍の兵士がこの「ケルンの水」を持ち帰ったことから世界に広まったそうですよ。

b0101854_8263128.jpg

お店には「ケルンの水」の泉がありました!
本当にオーデコロンが流れています。



帰り、駅に向かう途中にハーレー乗りのおじさんに出会いました!

b0101854_8271910.jpg


イタリア出身のおじさんは今はケルンに住んでいるそうです。話がサッカーのことになると「この前のイタリアの試合(対オーストラリア戦で最後の最後にPKで勝利を決めた試合)はダメだね。もっといい試合を見せてもらわなきゃ!」と。ヘルメットまで被らせてもらって写真を撮らせてもらいました!かっこいいなぁ!!

b0101854_8274416.jpg



ハーリー(おじさんの名前)、イタリア!






今回のケルン観光では、今までとは違いサッカーとは直接的に関係の無い場所を回りましたが、そこで出会う人とは「サッカー」の話で盛り上がることができたのです。以前にイランサポーターと友達になったときに、彼が「ワールドカップは本当にすばらしいイベントだよ。国や宗教関係なく、みんながサッカーを楽しめるんだから。」と言っていたのがものすごく私の心に残りました。

b0101854_834997.jpg





こんにちは、日本!






スタジアムでハーフタイムに流れるコマーシャルに「文化や国は違えど私達はサッカーという1つの言語を話している」といった内容のものがあるのですが、まさに「サッカー」という共通項が人と人とをつなげているんだなーということを実感しました。そんなサッカーのワールドカップの新たな魅力を実感した観光でもありました!
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-30 08:42 | ケルン | Comments(2)
ケルン観光 大聖堂編

6月9日からワールドカップが開幕して以来、初めてドイツでワールドカップの試合が行われない日でした。8強が決まり、これからは2日試合をやって2日お休み、という日々が決勝まで続きます。空いた時間を有意義に使おう、と思いフランクフルトから1時間の所にあるケルンへ観光に行ってきました!!

ケルンというと今まで訪れたことはあっても、立ち寄るのはスタジアムだけだったんです。ずっと横目で見ていたケルン大聖堂に今回立ち寄ってみることにしました。大聖堂前にある階段ではたくさんの人が座ってケルンの駅前の様子を眺めていたり、のんびりとしていました。そんな中でかわいいワンちゃんを発見!
b0101854_8331045.jpg
ドイツカラーに染まって、ちゃっかりパラソルの下でお昼ね中。パピーちゃんです。このパピーちゃん、ケルンではサッカー犬として名の知れた存在らしいです。


b0101854_8342911.jpg

パピーちゃんも興味深々に写真を覗いています。


b0101854_835829.jpg






                     パピーです






ケルン大聖堂は間近でみると、その大きさに圧倒されます。

b0101854_8374690.jpg
b0101854_8385843.jpg


b0101854_8393597.jpg

大聖堂の中には思わず見入ってしまうほどのすばらしいステンドグラスや、美しい細工が施された絵や祭壇ががあちらこちらにあり、大聖堂というよりまるで美術館の中にいるようでした。

b0101854_840775.jpg



この大聖堂、中に入るだけではなくて大聖堂の頂上まで上ることができるのです。せっかくだし上ってみよう!と思ったのは良かったのですが…待ち受けていたのが、上れど上れど果てしなく続く螺旋階段。

b0101854_8425812.jpg


しかもものすごく狭い中を上る人と下る人がすれ違わなくてはいけないので、なかなかスリリング。「2ユーロ(入場料)払ってなんでこんなことやってるんだ?」と苦笑いするひとも。


b0101854_8432736.jpg
あともう少し…。



息も絶え絶えになってたどりついた頂上から見た景色がこちら!
b0101854_8443564.jpg

ケルンの街が一望できます。今までの苦しかった道のりが報われた一瞬でした。

b0101854_8453942.jpg



あの下から上ってきたなんて…。



私の他にもたくさんの観光客が大聖堂の頂上まで上ってきていました。試合がない日だからか、いろいろな国のサポーターを見かけましたよ。ブラジルサポーターと一枚。今まで写真を撮ってきた中で一番高いところでとった写真です!ブラジル対ガーナの試合について話を聞いてみたら「あの試合はちょっと簡単だったね。もっと見ごたえのある試合がいいよ!」と王者の貫禄が漂うコメントでした!

b0101854_8463619.jpg

ブラジル、6回目の王者に!

がんばれ、ブラジル!





さて、階段を上ってきたというと帰りはもちろんくだらなくてはいけません。何段あったのか数えてみたところ…360段でした!もう足ががくがくです。もしケルンに観光に行かれる場合はぜひ大聖堂の頂上まで上ってみてください。そのときは360段を上りきる覚悟をしてきてくださいね!


今回はケルン観光の大聖堂編をレポートしました。次回はケルン観光タウン編をお送りします!
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-29 08:52 | ケルン | Comments(4)
ワールドカップの楽しみ方

ドルトムントで開催されたブラジル対ガーナの試合を見てきました。ガーナは決勝トーナメントに残っている最後のアフリカ圏の代表チームです。以前にも紹介したガーナの国旗にある「ブラックスター(ガーナの希望の星)」。今回の試合はまさにアフリカ全体の希望を背負っての試合となったのではないでしょうか。

一方のブラジルは、決勝トーナメントに進出したどのチームとも違う雰囲気をかもし出していました。決勝トーナメントに進出することでお祭りムードから熱い応援ムードになるチームが多い中、ブラジルは相変わらずお祭りムードなんです。グループリーグであろうが決勝トーナメントであろうが「楽しむ」というスタンスは変わらないようです。思わずうらやましくなってしまうくらい、本当にみんなが年齢・性別関係なく心からワールドカップというお祭りを楽しんでいるんです。

b0101854_827405.jpg

こちらは、ブラジルで一番目立っていただろうと思われるブラジルサポーター。笛を吹きながら行進中です。ふと考えてみると、このサポーター達はきっと自分の親と同じくらいの年なんですよね。そんなおじさんたちがこんな格好をしながら楽しそうにパレードしてるなんて…。
ブラジルってすごい国です(笑)

b0101854_828392.jpg

太鼓の音にあわせて出てきたブラジルの星たち。


b0101854_828267.jpg


と、そこで偶然の再会が!前回、ここドルトムントで日本がブラジルと戦った時にドルトムント中央駅で会ったブラジル人サポーターと、今回ばったり再会したんです。お互いかなりびっくり!こんなこともあるんですねー。


b0101854_8291091.jpg


前回会った時の写真。



「しょうゆ!さしみ!やきそば!」をひたすら連呼しながらやってきた陽気なブラジルサポーター2人。「なんでそんな食べ物の名前を知ってるの?」と聞くと「僕達が住んでいる場所は日系ブラジル人が多いんだよ!」と。「日本はあのジーコが率いていたのに、本当に残念だったね。」と日本チームの感想を語ってくれました。やはりジーコはブラジル人にとって神様なんですね。それにしてもドイツに来て3週間がたちますが、各国のサポーターから「ニッポン!」と声をかけられても「しょうゆ!」と声をかけられたのは初めてでした(笑)
b0101854_830054.jpg


君が大好き!








こちらはガーナのサポーター達。全身にガーナの国旗をまとって応援の準備はばっちり!
b0101854_8345961.jpg


b0101854_8305245.jpgb0101854_8311223.jpg



Go、ガーナ!勝利を!                        ガーナ、君達はもう勝者だ!






スタジアムの中に入ってみると、圧倒的にブラジル人サポーターが多かったです。

b0101854_8332284.jpg
ガーナ人サポーターは少なかったものの、
ガーナを応援するサポーターは
決して少なくはありませんでした。
ドイツ人を始め、多くの観客がガーナを応援していました。



いよいよ試合開始。私はブラジルの一方的な試合展開になるのではないか、と考えていました。しかしそんな考えはあっという間に吹き飛ばされました。結果は3-0でブラジルの圧勝でしたが、王者ブラジル相手に積極的に最後の最後まで攻め続ける姿勢はとても印象的でした。試合の展開はジャッジを含めいろいろな意味においてブラジルに傾いていた中で、試合終了までシュートを放ち続けるガーナ選手は多くの観客の心をつかんだと思います。
b0101854_8343387.jpg

実際、ブラジルサポーターの応援に負けないガーナコールが何回も聞こえてきましたし、ガーナに不利なジャッジに対しては大音量のブーイングがなされていました。

決勝トーナメントに入ってから、自国以外の国を応援するサポーターの姿を多く見かけるようになりました。決勝トーナメントを楽しみたいというのはもちろんのこと、日本を含む決勝トーナメントへ進むことができなかった国のサポーターにとっては、自分達の国の分まで勝ち残っているチームにはがんばってほしい!という気持ちで声援を送っているのではないでしょうか。

b0101854_8384170.jpg
ブラジルを応援するメキシコの家族


そのような声援が送られる中で試合をする選手達にとっては良いプレッシャーにもなるだろうし、サポーターにとっても自国以外の選手を応援することは、ワールドカップならではの楽しみ方なのかもしれませんね。
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-28 08:48 | ドルトムント | Comments(2)
歓声というBGM

複雑な気持ちで今回の試合を迎えました。日本代表が今日の試合を戦っていたのかもしれなかったのに…。多くの日本サポーターも同じような気持ちを持っていたのではないでしょうか。カイザースラウテウルンで開催された今回のイタリア対オーストラリアの試合では、かなり多くの日本人の姿が見られました。みなさん、日本が勝ち残ることを願ってチケットを買っていたのでしょうね。複雑な気持ちです。


試合は夕方から、ということで午前中の空いた時間で私のお気に入りの場所である、フランクフルトのFan Festに散歩がてら行ってみました。すごしやすい天気だったので屋台で軽いお昼ご飯を食べていたところ、隣に座っていたポーランドのユニフォームを着ていた男の子と友達になりました。ジャスティン君です。お父さんと一緒に来ていました。どうやらポーランド系ドイツ人だそうで、それでポーランドのユニフォームを着ていたんだって!学校で英語の授業が始まったばかりだったらしく、がんばって英語で話してくれましたよ。

b0101854_815911.jpg


ジャスティンにいいことがありますように!






フランクフルト中央駅に移動すると、今日も多くのサポーター達が試合会場へ向かう電車を待っていました。そこでパラグアイから来た家族を発見。パラグアイは予選で敗退でしたが、今日の決勝トーナメントの試合を見てパラグアイに帰るそうです。

b0101854_8162443.jpg

ファティマちゃん。
ちょっと恥ずかしげながらも写真を一緒に撮ってくれました。








フランクフルトから約1時間半をかけてカイザースラウテルンへ。ここは日本代表がワールドカップの第1戦である対オーストラリア戦を戦った場所でもあります。そこで再びオーストラリアの試合を見るとは…。

オーストラリアのサポーター達も張り切っていました。そしてオーストラリア名物(?)のカンガルーも一緒に。
b0101854_8174798.jpg
このカンガルーにかけてか、オーストラリアチームは「サッカールー」という愛称で呼ばれているそうですよ。

b0101854_8205855.jpg



こちらはシドニーから来たサポーター。カンガルーを持っているということで「もう50人くらいの人に写真を撮って!って頼まれたよ。」と苦笑い。「日本の分もがんばって!」と言うと「いい試合を見れるといいけど、イタリアは強いからねー。」と。

b0101854_8223178.jpg



カモン、オーストラリア!







私も彼が言っているようにオーストラリアとイタリアの力の差は歴然としているんじゃないか、と思っていました。しかしいざ試合が始まってみると、オーストラリアもいい動きをしてイタリアになかなかチャンスを作らせません。
b0101854_8235438.jpg

イタリアに退場者が出てからはイタリアも守備を固め、誰もがこのまま延長戦に持ち込まれるかと思った中で突然訪れたイタリアのPK。トッティがチャンスをしっかりものにして土壇場でイタリアの勝利が決まりました。あまりの急展開にオーストラリアの選手・サポーターの全員が呆然。イタリア選手・サポーターは歓喜に酔いしれていました。

b0101854_8241652.jpg


さて、サッカーの試合では選手や審判に対してブーイングが起きることがしばしばあります。しかし、観客に対してブーイングが起きることもあるんです。どんなときに起きるか、それはウェーブをするときなんです。みなさんもテレビで観客席にウェーブが起きるのを見たことがあると思います。どこからともなく掛け声がかけられてウェーブが始まるのですが、そのウェーブが途中で止まってしまったりするとものすごいブーイングが起きるんです。逆にうまくウェーブが続くと大歓声!私は最初プレーに対してのブーイングだと思っていて「何でこのプレーがブーイングされるんだろう?」と思ってしまっていました。観客席でこういった楽しみ方もあるんですね!ちなみにこのウェーブ、どんなタイミングで起きるかというと試合展開がつまらない時によく起こります。皆さんもぜひそのウェーブのタイミングをテレビでチェックしてみてください。


スタジアムの帰りに駅近くのカフェで一息ついていました。そこでイタリアの女の子達と友達に。彼女達はスタジアムでは試合を見れなかったそうですが、Fan Festでイタリアの勝利を堪能してきたそうです。「でもいい試合じゃなかったわ。ちょっとだけ運が良かっただけ。」と試合の展開には不満な様子でした。「Pivi」で写真をプリントアウトして、みんなにあげたらいたく感動した様子。「これ、いつごろヨーロッパで発売されるの??」と興味津々でしたよ。

b0101854_8263624.jpg


イタリアがんばれ!
(キスマーク付き)








話はガラリと変わるのですが、この前ワールドカップで使われている曲を収録したCDを手に入れました。スタジアムで流れている曲を聴いているとすごくわくわくする気持ちになるので、いいお土産になるだろうと思っていたんです。でもそのCDを聴いていると何かが違うんですよね。その「何」が違うのか。今回会場に行ってわかった気がします。当たり前ですが、CDには歓声がないんです。

b0101854_8272365.jpg


例えば、試合開始前にある選手入場。試合を見ている中で一番ゾクゾクする瞬間でもありますが、そのときに使われている曲も観客からの歓声がプラスされて初めてあの鳥肌が立つような感覚になるんです。


b0101854_828973.jpg
歓声も雰囲気を盛り立てる立派なBGMなんだなぁと思いました。
これがテレビ観戦では味わうことのできないスタジアム観戦の醍醐味なんでしょうね。
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-27 08:45 | カイザースラウテルン | Comments(3)
決勝トーナメントという雰囲気

決勝トーナメント2日目はイングランド対エクアドルの試合を見に行きました。会場はシュトゥットガルト。ニュースによると前日にイングランドとドイツサポーターによる暴動が起きたとのこと。「大丈夫かなぁ?」と身構えながらもシュトゥットガルトに着いてみると騒いでいるサポーターがいるどころか、みんな静かな様子でちょっと拍子抜けでした。どうやら通常より厳しい警備体制を敷いていたおかげだそうです。

スタジアムに到着してみると、前日の試合と同じくサポーターのほとんどがイングランドサポーターなんです。ドイツと同じヨーロッパの国だからでしょうか、それともみんなサッカーに対してとても熱いからなのでしょうか…。うわさによると、前日から6万人のイングランドサポーターがシュトゥットガルトに来ていたそうですよ。

b0101854_101641100.jpg


エクアドルサポーターもがんばって応援しています!


ドイツのサポーターもかなり多くこの試合を見に来ていました。面白いことに、ドイツのサポーターはどの試合を見に行こうとも(たとえドイツに関係のない試合でも)ドイツの国旗を持って応援をしているんです。今回の試合では、エクアドルのサポーターが圧倒的に少なかったのでエクアドルの応援を支援するかのように時々「ドイツランド!ドイツランド!」というドイツサポーターの声がスタンドから聞こえてきました。


試合は両者なかなか点を入れられずに、時間だけが刻々と過ぎていきました。そんな中でベッカムのフリーキックによるイングランドの得点!のどから手が出るほど欲しかった得点にイングランドサポーターは待ってました!とばかりに大喜びでしたよ。

b0101854_10242849.jpg


イングランドではベッカムとルーニーがかなり人気のようです。サポーター達から「Go, Becks!」(Becksというのはベッカムの愛称)と呼ばれたり、何かあれば「ルーニー、ルーニー!」と言われたり…。期待の高さが伺えます。

b0101854_10202078.jpg

ハーフタイム中に一人のイングランドサポーターに声をかけられました。写真を撮らせて欲しいということだったので、一緒に写真を撮りました。彼に話を聞いてみると、いろんな国の人と写真をたくさんとりたいんだ!という返事が。私も同じようなことをやっているんですよ!今回の試合の他に、数試合を観戦してからイングランドに戻るそうです。



試合の結果は、先ほどのベッカムが決めた点が決勝点となり、1-0でイングランドの勝利。次はポルトガルとの対戦となります。


b0101854_1022363.jpg


決勝トーナメントを2日見てきて、選手はもちろんのことサポーターの雰囲気がかなり変わったような印象を受けました。グループリーグの時は誰もが対戦相手の国のサポーターと出会うことを楽しんでいて、まさにお祭り気分でしたが、決勝トーナメントに進んでからはそういった気分はだいぶ薄れて、サポーターからも「絶対にこの試合に勝つぞ!」といった意気込みをすごく感じました。これから先、選手・サポーター共に熱い戦いが続いていくことでしょう。


[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-26 10:34 | シュトゥットガルト | Comments(0)
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム