ホーム| ブログ トップ| サイトマップ
 
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
出発準備編 ~東京~
出発準備編 ~横浜~
フランクフルト
ボン
ミュンヘン
ハンブルク
カイザースラウテルン
シュトゥットガルト
ゲルゼンキルヘン
ケルン
ニュルンベルク
ドルトムント
ベルリン
ハイデルベルク
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
最新のコメント
このサイトは俺、管理人K..
by 俺の実体験 at 11:31
マッハ55ではあなたの欲..
by マッハ55 at 13:03
カワイイ娘とヤルにはデコ..
by デコログ at 19:07
あなたの適正年収教えます..
by 適正年収 at 19:53
ヤバイわこれ…未知との..
by 信じられない出会いだぜ! at 04:57
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 05:12
自分がワンピースの世界に..
by ワンピース at 14:35
240万完済できますた..
by あ゛お゛あ゛お゛あ゛ at 16:10
女の方から中に出して..
by ほんとにですか?汗 at 03:18
おっさん童★貞が15万..
by 余裕すぎわろたwww at 15:46
最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
シュトゥットガルト
from 世界の都市調査!
ドイツの風景 for F..
from 和みタイムカフェ♪
熱気が伝わってくる!
from 涙ぐむもの・に!
WM 2006・5
from バームクーヘン日誌・2
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
今頃、ドイツに入国してい..
from スポーツ観戦・アウトドアの防..
コメント、トラックバックは、エキサイト株式会社にて、掲載記事へのコメント、トラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。 内容により予告なく削除、もしくはアクセス拒否などの対処をする場合もございますので予めご了承ください。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スタジアムだけが会場じゃない!

今日はドイツのパブリックビューイングを紹介したいと思います!スタジアムのある各都市には、たくさんの人が集まって試合を大画面で観戦することができる「パブリックビューイング」と呼ばれる場所があります。こちらではFan Festと呼ばれているのですが、その名の通りお祭りのようなんです。

みなさんはパブリックビューイングというとどのようなものを想像しますか?実は私はパブリックビューイングを見に行ったことがなくて(大学の講堂で開かれたパブリックビューイングなら行ったことはありますが…)どんなものかというのは、ニュースや聞いた話でしかわからないのですが、スタジアムの大画面に中継映像を映し出してスタンドで応援する、というイメージがあります。

b0101854_10294643.jpg

でもドイツのパブリックビューイングはそれだけで1つのお祭り会場になってしまっているんです。以前にも少し紹介したフランクフルトのFan Festa。マイン川の中に大画面が設置され、川岸からサポーター達が試合の様子を観戦できます。そして試合を観戦できるだけでなく、オフィシャルグッズが買える店や、軽食やビールを売っている屋台。



b0101854_1030235.jpg

サポーター同士の交流の場!


そして誰でも参加することのできるフットサルのコートがあったり、観覧車があったり…と試合を観戦するためだけでなく、「天気もいいし、散歩がてらFan Festに行ってみる?」という感じで気軽に足を運べる場所となんです。


b0101854_10314320.jpg

ちなみに、この前Fan Festにあった観覧車に乗ってみました。日本の観覧車と違って囲いがないうえに超高速回転。そして気前のいいことに5~6周してくれちゃうんです。ちょっと怖かったけれど、すっごーい気持ちいい!フランクフルトの街を遠くまで見渡せて、風もとてもすがすがしかった!

こういったパブリックビューイングをこれからどんどん日本も取り入れてもらいたいなー、と感じます。スタジアムの中でしか雰囲気を味わえないというのではなく、スタジアムと同じような雰囲気を味わえるような場所を作ったりすることで新たなサッカーの楽しみ方というのもできると思いました。


さて、シュトゥットガルトでスペイン対チュニジアの試合を見てきました。スタジアム周辺で「必勝」と書かれた日本のはちまきをしたスペインサポーターを発見!「そのはちまきどうしたの?」と聞いてみたところ、「日本人にもらったんだよ!」と。でもどうやらどっちが上かは教えてもらわなかったらしく、1人のはちまきが上下さかさまに…。ちゃんと直してから一緒に写真をとりました!



b0101854_10325239.jpg


会えてうれしいよ!






この試合はどこかで目にしたことのあるような試合展開となりました。最初チュニジアが1点先制したものの、後半に入ってからスペインの猛攻撃により3点を決められ、3-1でスペインの勝利。これでスペインは決勝トーナメントの進出を決めました。
b0101854_10332331.jpg

b0101854_10372820.jpg
チュニジアは先制したものの3点という点を取られての敗戦。日本も同じような経験をしているだけに、チュニジアのサポーターの気持ちもわかる気がしました。



b0101854_10335157.jpg


先制点を取った瞬間のチュニジアサポーター


決勝トーナメントへの道が閉ざされてしまったわけではないということなので、あきらめずに次の試合も精一杯戦ってもらいたいですね!


最後に、シュトゥットガルトに向かう途中このブログを読んでくださっている日本人の方に会いました。
b0101854_1035323.jpg
ブログを読んでいる方からの反応をコメントだけでなく、実際にお会いして「読んでますよ!」と言われるとやはりうれしいものです。ワールドカップが開幕してから、本当に多くの方がこのブログを訪れてくださっています。





先日の日本代表の対クロアチア戦があった日に取材を受けて、その記事がウェブサイトに掲載されてからは今まで以上に多くの方にこのブログを訪れてくださいました。本当にありがとうございます!これからも皆さんにドイツの様子をレポートできるようがんばっていきます☆
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-20 10:43 | シュトゥットガルト | Comments(5)
望みをつなぐため…

ワールドカップでの日本代表の2試合目となる対クロアチア戦がニュルンベルクで行われました。前回の対オーストラリア戦の敗戦を受けて、今日の試合は絶対に勝たなくてはいけない試合。私個人的には、日本代表が決勝トーナメントに進んでほしい、という気持ちもさることながら、「日本の勝利が見たい!」という気持ちがとても大きかったです。

b0101854_745397.jpg

朝のフランクフルト駅には、前回よりも多くの日本人サポーターが見られました。「必ず勝たなくては。そのための応援をしなくては。」という気持ちをみんな持っていたんでしょう。

b0101854_753316.jpg


スタジアム周辺では、気合の入ったサポーターがいっぱい!


b0101854_762116.jpg













b0101854_77757.jpg


闘魂の文字が入った旗を持ったお父さん。
b0101854_773554.jpg

「今日の試合は絶対に負けられない!必ず勝ってもらわなきゃ。」





b0101854_782047.jpg


お手製の代表ジャージならぬ代表着物(?)をまとったお姉さんたち。日本っぽくてすごくステキでした!!







b0101854_7101734.jpg

そしてこちらは今日の対戦相手の、クロアチアサポーター。
対戦相手といえど、とてもフレンドリーに接してくれましたよ!


クロアチアからこんにちは!







3時というまだまだ暑い日ざしが残る中でのキックオフ。対オーストラリア戦同様、暑さの中での試合という意味で不安要素が残りました。前回に比べたら涼しかったものの、90分の試合をやり遂げるには充分過ぎるほど過酷な暑さではあったと思います。後半の半ばになると、選手達のキレが鈍くなり、つながるはずのパスもつながらなくなってきたり…。

結果は0-0の引き分けの終わりました。しかしこの試合では勝てるチャンスがたくさんあったはずです。川口選手がPK戦を止めたことなど、選手達自らが作り出したチャンスはもちろんのこと、クロアチアのシュートがゴールの枠に当たってはじき返されるなど、運も見方についていたはずなんです。でも、そのチャンスをうまくつかみ取れなかった。これが決定力不足というものなのでしょうか。しかし、川口選手のナイスセーブには得点を決めたときと同じくらい会場は盛り上がっていました!
b0101854_7113788.jpg
私もめまいがしそうになるほどドキドキしながらピッチを見つめ、ボールがはじきだされた瞬間にはのどが痛くなるほど叫んでしまいました。これで流れは日本に来た!と誰もが確信していたことでしょう。



決まりそうで点が決まらない、という状況はクロアチアにも当てはまりました。再三チャンスに恵まれたものの、後もう一歩で点が決まらない。
b0101854_7121130.jpg
日本のサポーターからもクロアチアのサポーターからも今日の試合展開には安堵と落胆のため息が何度となく聞かれました。


b0101854_7125773.jpg
それほど今日の試合では両国のサポーターはみんな食い入るようにピッチを見つめ、そして必死に応援していました。


b0101854_7132133.jpg



試合終了後、三都主選手が一人ピッチに残り、サポーターに挨拶をして周っていました。負け試合ではなかったものの、その姿がとてもさびしく見ていて胸が苦しくなりました。今この記事を書きながら、韓国対フランスの試合を見ていました。フランスがリードしながら、韓国が後半同点ゴールを決め、引き分けとなる試合になりました。同じアジアの国、そしてお隣の国として韓国の試合は特別な気持ちで見ているのですが、この試合をとてもうらやましく思いながら見ていました。同じ引き分けでも、こんなにも意味が違うなんて…。

今日はブラジル対オーストラリアの試合も行われ、ブラジルが勝利したためにブラジルの決勝トーナメント進出が決定しました。残るは後1枠。日本が勝ちあがる可能性というはとても少ないかもしれませんが、日本代表にはあきらめずに最後までいい試合を見せてもらいたいです。悔いのない試合をしてもらいたいです。
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-19 07:24 | ニュルンベルク | Comments(4)
世界共通言語・写真

ケルンを後にして、カイザースラウテルンにやってきました。ここではイタリア対アメリカの試合を見ました。カイザースラウテルンはスタジアムと中央駅との距離がとても近く、とても便利ですね。駅からスタジアムまでに途中にある広場ではパブリックビューイングが開催されていて、スタジアムのすぐ近くということもあって常に多くのサポーターでにぎわっています。ドイツのパブリックビューイングというのはそれだけでかなりの規模のお祭りになっています。食べ物や飲み物の屋台が出ていたり、フットサルコートがあったり…誰もが楽しめる要素がいっぱい詰まっています。近々機会があったら、各地のパブリックビューイングの様子もレポートしますね!

さて、ここでは「Pivi」撮影枚数記録を更新しました!!

b0101854_10282672.jpg

テキサス出身のアメリカサポーター。「Pivi」のあまりのすごさに感動して「彼女と二人で撮った写真をプリントしてくれないかい?」と頼まれてしまいました。


アメリカが一番!







「イターリア、イターリア!これがイタリアの応援の仕方!」と教えてくれた
イタリアサポーターの2人。

b0101854_10293031.jpg

アッズーリがんばれ!






b0101854_1030202.jpg
派手な応援グッズと大きな旗でたくさんの人に写真を撮られていたイタリアサポーターとも一枚。イタリア中部のRIMINIという場所から来たそうです。

この写真がいたく気に入ったみたい。


b0101854_1030445.jpg








フォルサ(がんばれ)・アッズーリ!







そしてこちらは…マラドーナ?!…のそっくりさんでした(笑)

b0101854_10335176.jpg
先ほどのど派手なイタリアサポーター達と私が撮った写真を「Pivi」でプリントしているのを見て、興味を持ったそうで「僕の写真もプリントしてよ!」と。「日本の技術はすごすぎる…」とマラドーナもお墨付きの写真です!







そんなマラドーナそっくりさんと写真を撮っていると、日本人サポーターの女の子から「もしかして、まりこさんですか?」と声をかけられました。埼玉から来たハッシーさん!
b0101854_10342927.jpg




なんと彼女は今朝ボンにあるエキサイトカフェで私のブログを見ていたらしく、偶然ここを通りかかって私を見つけてくれたそうなのです!このブログを読んでくれている方と初めて会うことができたことが、うれしくてうれしくて…!「一緒に写真を撮ってくれますか?」とお願いしたところ、快くオッケイしてくれました☆こういった出会いもあるんですね!ブログをやっていてよかったーと思った瞬間でした。


ドイツに来て、たくさんのサポーターと交流するたびに実感していたことがあります。それは写真の力というのは言葉も国境も超えるものをもっているんだ、ということ。
b0101854_10353370.jpg
誰であってもカメラを向ければ笑顔で答えてくれるし、「一緒に写真を撮ってくれますか?」という言葉だけでみんなと仲良くなれちゃうんです。


b0101854_10355973.jpg
私もほかの国のサポーターから「一緒に写真撮って!」と言われて仲良くなったことも何度もありました。写真の力は世界共通です!



さて、イタリア対アメリカの試合はかなり白熱したものとなりました。レッドカードが続出の試合に、両国のサポーターも応援に熱が入ります。
b0101854_10382898.jpg
両サポーターが挑発しあう場面が見られたりもしました。


b0101854_1039591.jpg
結果は1-1の引き分けでした。



今日は日本代表の試合があります。対クロアチア戦。そう簡単な試合にはならないでしょう。そして日本が決勝トーナメントへ勝ち進むには落とせない試合。日本からドイツから精一杯の応援をおくりましょう!!
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-18 10:42 | カイザースラウテルン | Comments(3)
スタジアムだけじゃない!サポーターとの交流

今日はケルンに初上陸でした!ケルンではチェコ対ガーナの試合があったので、スタジアムまで行って試合前の雰囲気を楽しんできました。フランクフルトから電車で2時間弱。電車を降り立つとまず目に入ってきたのが、ケルン大聖堂でした!!
b0101854_1083074.jpg


とても精巧なデザインが施されていて、かつ、どっしりとした構えの聖堂で、荘厳という言葉がまさにぴったりだと感じましたよ。


ケルンのスタジアムはケルン中央駅から少し離れたところにあります。電車を乗り継いで30分くらいのところだったでしょうか。ドイツ国内にあるスタジアムにはそれぞれの特徴があります。中央駅(それぞれの都市に中央駅という駅があって、長距離電車はたいてい中央駅に止まります。)から歩いてすぐのところにあるスタジアムもあれば、ケルンや昨日のゲルゼンキルヘンのように電車に乗らなくてはいけないスタジアムもあります。利便性という点では、中央駅のすぐそばにあるスタジアムの方がよいのですが、中央駅から離れたスタジアムもそれなりの良さというのがあるんです。

例えば、今日もケルン中央駅から乗ったローカル線には多くのチェコサポーターが乗り合わせていました。するとチェコの応援が自然と始まるんです。b0101854_109866.jpg
途中の駅から乗り合わせたチェコサポーターにも「君達もチェコ?いいねー!」というようなノリであっという間に1つのチェコサポーターコミュニティーが出来上がっていたんです。私はその車両の隅っこに座っていたんですが「ジャパーン、イエーイ!」というような感じで声をかけてきてくれて、一緒にスタジアムの駅まで盛り上がることができてすっごく楽しかったです。こんな感じで、電車という場所もサポーター同士の交流の場となるんですね。
スタジアム周りだけがワールドカップじゃないんです。


スタジアム周りでは試合開始を今か今かと待っているサポーターでいっぱい。

b0101854_109504.jpg

電車で会ったチェコサポーターと再会!!




ガーナの太鼓を持った男の子とお父さん。太鼓をたたいてもらいました!
独特なリズムに合わせて応援!
b0101854_1011144.jpg

名前はニノイ君です!





大きなチェコの旗を持ったサポーター達。と思ったらあれ?ガーナサポーターも混じってる(笑)
友達同士で試合を見に来たそうです。
b0101854_10114976.jpg

チェコがんばれ!






こちらも旗を持ったガーナサポーター。カラフルな衣装でかなり目立っていましたよ。
b0101854_10141044.jpg
彼らにガーナの旗にある星の意味について教えてもらいました。この星は「ガーナの希望」を表しているそうです。それにちなんでガーナ代表は「black stars(黒い星)」と呼ばれているそうですよ。日本代表が「サムライ」、そしてイタリア代表が「アッズーリ」と呼ばれているようにそれぞれの代表の愛称をチェックしてみるのも面白いですね!








[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-18 10:22 | ケルン | Comments(0)
ピッチの外でも熱い試合

今日はゲルゼンキルヘンに行ってきました。アルゼンチン対セルビア・モンテネグロの試合です。かなり人気のある試合で、ゲルゼンキルヘン中央駅からスタジアムまでの道のりが大混雑!トラムで20分くらいだったのですが、そのトラムに乗るのが一苦労。

b0101854_8134352.jpg


ホームにこんなにたくさんの人が並んでいます。



b0101854_8182169.jpg

やっと乗れたと思っても、
車内は日本の通勤ラッシュ並みです。
酸欠になりそうでした…。
まさかドイツで通勤ラッシュを体験するなんて(涙)



今回の対戦カードでは、応援の雰囲気が今までとは少し違う印象を受けました。アルゼンチン側ではゴール裏のサポーターは観客席から落ちんばかりに身を乗り出して太鼓をたたき、セルビア・モンテネグロ側では赤い光を放ちながら発炎筒がたかれ…。今までにない激しい応援合戦でしたよ。ピッチの外でもサポーター同士の熱い試合が繰り広げられているんだ!と、とても感じました。

セルビア・モンテネグロサポーター。名前を書いてもらいました!


b0101854_8195899.jpgb0101854_8202152.jpg



















b0101854_824581.jpg



点を決めて上機嫌なアルゼンチンサポーター、
フェルナンド。








試合はアルゼンチンが6-0で圧勝。思うように点数を決めるアルゼンチン代表にサポーターたちも大喜び。応援さながら、喜び方も半端なく激しいです!

b0101854_8265832.jpg
b0101854_8272250.jpg









オランダもコートジボワールとの対戦を制し、「死のC組」と呼ばれたグループはアルゼンチンとオランダが決勝トーナメントへの切符を手にしました。



今日はメキシコとアンゴラのサポーター達にも会いました!

b0101854_8291571.jpg

駅で大はしゃぎのメキシコサポーター

こちらはメキシコからやってきたご夫婦。2人が着ているのは「マリアッチ」と呼ばれるメキシコの民族衣装だそうです。
b0101854_8332117.jpg

黒地に金の刺繍がとてもすてきでした。このご夫婦、サッカー観戦が大好きだそうで「4年前は日本にもワールドカップを見に行ったわよ!」と言っていました。メキシコ代表が出る国際試合を見るのがとても楽しみなんだそうです。

b0101854_8311270.jpg


決勝戦に勝ちあがれますように!








こちらはアンゴラサポーター。「君、日本から来たの?僕達日本人に会ったのは初めてだよ!!」と言って快く一緒に写真を撮ってくれました。私もアンゴラの人に会うのは初めてでしたよー!試合には行けないけれど、これからアンゴラ人が集まる場所に行ってテレビでメキシコとの試合を観戦するんだ!と言っていました。とっても陽気な2人でした!

b0101854_8343321.jpg

Peace for the people






今日はドイツの食べ物も紹介!レイベクーヘンというドイツの食べ物で、じゃがいもをたまねぎなどと一緒にペースト状にして、それを油で揚げた食べ物です。
b0101854_83617100.jpg

ハッシュドポテトに近いかな?このレイベクーヘンの特徴なのが、その揚げたものにりんごのソースをかけること!ジャムほどは甘くないけれど、甘酸っぱいりんごソースが意外に合うんです。

b0101854_8354433.jpg

最初は本当においしいかどうか半信半疑だったのですが、カリカリの衣と中のふわふわのじゃがいもがソースとからまってすっごくおいしいんです☆揚げたてを食べるのが一番ですよ!!




ワールドカップは予選ラウンドも半ばをすぎて、徐々に決勝トーナメントへ進出が決まる国も出始めてきました。明日も熱い試合が繰り広げられることでしょう。どんな試合が見られるのか、とても楽しみです!
[PR]
# by wcup-supporter | 2006-06-17 08:47 | ゲルゼンキルヘン | Comments(5)
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項- ヘルプ- エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム